ゲーム紹介 : Buriedbornes

4 0
「もっとも ふるく いまわしい よげんは げんじつのものと なった。
これは "しせるものども -Buriedbornes-" たちの おわりも すくいもない たたかい。」


tumblr_inline_obmut3JjLq1r5ai27_500.png

はい、という訳で今日は僕が今ハマっているゲーム

"Buriedbornes"

を紹介したいと思います。

対応プラットフォーム : Webブラウザ(PC) / Android / iOS

――どういうゲームなの?

ジャンルで言うと"ローグライク"になるんでしょうか。
毎回Lv1からダンジョンに入り、レベルを上げながら装備を拾い、より深い階層を目指していき、死んだらリセット。
といっても全てがリセットされる訳ではなく、ダンジョンへ持ち込めるアイテムなんかは増えていきます。

bandicam 2017-05-29 11-25-04-251

ダンジョンでは右か左、どちらかの道を選んで進んで行きます。
特定のスキルを持っていると奥の部屋が見えたり、選択できたりする。

bandicam 2017-05-29 11-25-12-245

戦闘はターン制のコマンド式、技にはそれぞれ数ターンのクールタイムがあります。(ないものもあります)

変換 ~ bandicam 2017-05-29 12-19-23-078

装備は3スロット(武器/鎧/装飾)あり、拾った時には更新するかどうかの二択を迫られます。予備を持つことは出来ません。


――ゲームの目的(クリア)は?"
各ダンジョンの25階に居るユニークボスを倒すとそのダンジョンはクリアした扱いになり、次のダンジョンへ進めますが、そのキャラの冒険は死ぬまで終わりません。
階層は無限にあり、何処まででも降りていけます。でも、物凄く強いキャラになったとしてもちょっとした事で簡単に死ねます。
僕はまだ50~60Fまでしか辿り着いた事がありません。

Screenshot_2017-05-27-18-50-24.jpg

25Fボスの一例(ダンジョンによって違う)

※近日中に100Fボスが実装予定 ソース : 更新予定表

――ビルドの概念がある
装備を拾っていくといっても、ただ数値が良い物を探していくだけだけのゲームではありません。
このゲームには30種類近くの職業、また装備には多数の"特殊効果"があり、PoEよろしくビルドを考える楽しみがあります。

例えば自分を守るための要素としても、
"HP" "かいひ" "うけながし" "バリア" "シールド" "けいげん"
など多岐にわたります。

変換 ~ bandicam 2017-05-29 12-48-14-342変換 ~ bandicam 2017-05-29 12-48-17-811


――ダンジョンへ持ち込めるもの、ビルドを支える"ラボ"

bandicam 2017-05-29 11-39-35-075

ダンジョンへ持ち込めるものは、

"まのけいやく"

→戦闘、あるいは探索で役立つパッシブスキル

"アミュレット"

→戦闘中のスキル

"もちこみ"
→移動中に使えるキャンプアイテム

が各一つずつ、
そして職業別にキャラクターを強化する

"ラボ"

の4つになります。
いずれもショップで購入したり、ダンジョン攻略中に拾ったりして増やしていきます。
ここでレアなものを拾ったり、揃ってきたら新しいビルドにしてみたり・・・ていうのが醍醐味ですねー。

bandicam 2017-05-29 11-38-33-815bandicam 2017-05-29 11-38-52-686

そしてこちらがラボの画面。
職業毎に5つまでのラボパーツを装着する事ができます。
ただし、"レアパーツ"(レジェンダリー装備級の効果を持つもの)は1つまでです。レア+ノーマル4は可能。
単純にステータスを底上げする事も出来ますが、どちらかというと特殊効果を付与してビルドの骨組みを作る意味合いが強いですね。
こちらの"ラボパーツ"もダンジョンで拾えます。
PoE的に言うとInvasion bossのような、やったらめったら強い敵を倒すと確定でランダムに1つ落とします。

――深みをもたらす"へんよう"

このゲームには"へんよう"というシステムがあります。
このゲームには多数のアクティブスキルがありますが、たまに"へんよう"技が手に入ります。

ブラッディ ~ HPを しょうひして いりょくアップ
リアクティブ ~ こうげきを うけるたび CD-1

といったように、修飾語とともに技に追加効果が付くんですね。
面白いのが、これの抽選は全くランダムであり、ベースの技の性質とかは全く考慮してくれないところです。
例えば"フルヒーリング"という技があります。要するにベホマ(全回復)です。
これに、

ばんぜんの ~ HPが さいだいのとき いりょく(この場合回復量)アップ

が付与され、"ばんぜんのフルヒーリング"という、HPが最大の時にHPを全回復させる回復量アップ!とかいう
わけのわからん技になったりすることもあります。

逆に、

3の ~ CDが3になる

こういうのがCD5とか10とかの重いスキルにつくと幸せになったりしますね。

後は、

でんせつの ~ いりょくがアップし、CD-1


なんかは単純に当たりです。

モンスターもへんようします。
これが曲者っつーか死因ナンバーワンっつーか
状態異常が効かなかったり、特定のスキルを持っていたり・・・。
こういうところもハクスラっぽいですね。


――他プレイヤー(の死体)に出会える "なきがら"マス
"なきがら"マスに止まると、そのダンジョンで死んだ他プレイヤーの亡骸に会うことができ、
場合によって戦闘になったり、遺品を貰えたりします。
たまにおめーその強さでどうやって死んだんだよっていう化け物に踏み潰されたりもします。

Screenshot_2017-05-26-17-57-13.jpg

死んだ時にメッセージを入力できるのがまた楽しい。たまにくすっとさせてくれる人も。

変換 ~ Screenshot_2017-05-27-11-57-27

いや、そんなわさびみたいな格好してそんなこと言われても・・・。

Screenshot_2017-05-27-18-07-17.jpg

たまーにこんなこともある。




――課金?無課金?

結論から言うとほぼ課金はいりません
課金で手に入るのはラボパーツ最大所持数の増加とか、そういう部分です。

でも、もしこのゲームをやってみて、面白い!ちょっとでも続けてみようかな!って思った人は
300円のラボパーツの着脱無料だけは買うことをお勧めします。

継続課金を要求されたり、ガチャったりとかそういう要素は一切ないので、普通にSteamで安いゲーム1本買ったような感覚ですネ。

――最後に

このゲームはキャラを育てる楽しみと、ローグライク特有の"理不尽さ"のバランスがとてもいい。
いい装備を拾えた時はわくわくするし、死んじゃった時も"ああ、こういうところも気をつけないといけないのかー"見たいな感じで、
実際大抵のことには対策がとれるゲームなので次のやり方を模索していくのがまた楽しい。

本当に好きな時に好きな時間だけやれるゲームなので、個人的には「理想の携帯ゲーム」ってカンジ。
 
ページトップ